mixhostにWordPressをインストールする方法!自動インストール機能を利用できるのでとても簡単です。

「Softaculous Apps Installer」にアクセスするブログ運営
「Softaculous Apps Installer」にアクセスする

この記事では、レンタルサーバー「mixhost」にWordPressをインストールするする方法について紹介します。

サーバーに通常の方法(手動)でWordPressをインストールする場合は、データベースの作成や紐づけのための設定などが必要となるため手間がかかります。

その一方で、mixhostにはWordPressの自動インストール機能が搭載されています。

WordPress自動インストール機能を利用することで、簡単にインストールを行うことができます。

mixhostでのWordPressの自動インストール機能では、WordPress用のデータベースの作成や、ユーザー登録などの手間がかかる初期設定が自動的に行われるので、とても便利です。

mixhostにWordPressをインストールするための準備

WordPressの自動インストール機能を利用するために必要となる設定です。

アドオン ドメインの追加

mixhostにサイト設定を追加します。

詳しい手順については、以下の記事で紹介しています。

独自ドメインとサーバーの紐づけ設定(DNS設定)

サイトにアクセスすることができるようにするために、独自ドメインとサーバー(mixhost)の紐づけのための設定です。

こちらについても、以下の記事で手順について紹介しています。

WordPressの自動インストールツールにアクセスする

はじめに、サーバーの管理画面から、WordPressの自動インストールツールにアクセスします。

管理画面「cPanel」にアクセスする

mixhostのマイページへのログインページにアクセスして、ログインします。

mixhostの管理画面にログインする
mixhostの管理画面にログインする

「有効なサービス」のところにある「クラウドレンタルサーバーv2」をクリックします。

mixhostのようこそ画面
mixhostのようこそ画面

「アクション」のところにある「cPanelにログイン」をクリックすると、新しいタブでサーバーの管理画面である「cPanel」が開きます。

mixhostの管理画面
mixhostの管理画面

サーバーでのアプリインストーラー「Softaculous Apps Installer」にアクセスする

cPanelにアクセスすることができたら、次は「ソフトウェア」という項目のところが表示されるまで、下にスクロールします。

そして、「Softaculous Apps Installer」と書かれている項目をクリックします。

cPanelで利用できるソフトウェアの一覧
cPanelで利用できるソフトウェアの一覧

アプリの一覧から「WordPress」を選択する

サーバーへのアプリインストーラー「Softaculous Apps Installer」が開いたら、「トップ・スクリプト」のところにある「WordPress」をクリックします。

「Softaculous Apps Installer」にアクセスする
「Softaculous Apps Installer」にアクセスする

WordPressの自動インストールを行う

いよいよ、WordPressをインストールするための設定を行っていきます。

インストールオプションとして「Custom Install」を選択する

「インストール」ボタンの右側に表示されている三角形のアイコンをクリックします。

メニューが開くので、「Custom Install」という項目をクリックします。

WordPressのインストール方法を選択する
WordPressのインストール方法を選択する

プロトコルの選択

「プロトコルの選択」では「https://」を選択します。

mixhostでは、サイトでの通信内容を暗号化する技術であるSSL(TLS)が標準で有効になっているので、「https://」を選択しています。

ドメインの選択

「ドメインの選択」ではWordPressをインストールしたいドメイン名を選択します。

プルダウンメニューをクリックして開くと、「アドオン ドメイン」の追加設定を行ったドメインの一覧が表示されます。

ディレクトリ

「ディレクトリ」では、WordPressのインストール場所を指定します。空欄にした場合は、ドメインの公開フォルダーのトップにWordPressがインストールされます。

例えば、ドメインを「gadget-tips.com」にしている場合、空欄にした場合はインストール先が「https://gadget-tips.com/」となり、「blog」と入力した場合はインストール先が「https://gadget-tips.com/blog/」となります。

特別な理由がない限りは、空欄にすることをおすすめします。

インストールするWordPressのオプションを選択する
インストールするWordPressのオプションを選択する

サイト名の設定

サイト名とサイトの説明を入力します。

この設定は、WordPressをインストールした後でも変更することができます。

WordPressのサイト名の設定
WordPressのサイト名の設定

WordPress管理者アカウントの設定

WordPressの管理者アカウントの設定です。

「Admin Username」はデフォルトでは「admin」と入力されていますが、セキュリティを強化するために、別のユーザー名に変更することをおすすめします。

WordPressの管理者アカウントの設定
WordPressの管理者アカウントの設定

データベースの設定

「アドバンスドオプション」と書かれているところをクリックして、開きます。

「データベース名」を区別しやすいものに変更します。

データベースは、WordPressの記事データなどの保存に使われます。

WordPressを複数インストールした際に、デフォルトで入力されている「wp450」などの英数字ではデータベースを区別しづらいため、「データベース名」を変更することをおすすめします。

WordPressインストールの詳細設定
WordPressインストールの詳細設定

インストールを実行する

WordPressインストールのオプションの選択がすべて完了したら、「インストール」ボタンをクリックしてインストールを実行します。

WordPressのインストールを実行する
WordPressのインストールを実行する

「次のエラーが発見されました。」と表示されてインストールが始まらなかった場合は、「チェックボックスを選択して、ファイルを上書きし、続行して下さい。」と書かれているところをクリックしてチェックボックスにチェックを入れ、もう一度インストールを実行します。

WordPressのインストールの際にエラーが発生した場合
WordPressのインストールの際にエラーが発生した場合

WordPressのインストール処理が始まるので、処理が完了するまで待ちます。

送信データの確認作業中
送信データの確認作業中

WordPressのインストールが完了した

「ソフトウェアは正常にインストールされました。」と表示されれば、WordPressのインストールは完了です。

「管理者URL」のところに書かれているリンクをクリックすると、インストールしたWordPressの管理画面にアクセスすることができます。

WordPressのインストールが完了した
WordPressのインストールが完了した

インストールしたWordPressにアクセスしてみる

先ほどのリンクから、WordPressの管理画面にアクセスしてみました。

正常にインストールが完了したことがわかります。

管理画面の左上に表示されているサイト名の書かれている部分をクリックすると、WordPressサイトのトップページが表示されます。

タイトルとURLをコピーしました