Androidスマホの「開発者向けオプション」を有効にする方法!メモリ使用量の確認などの様々な設定項目にアクセスできるので便利です。

開発者向けオプションが表示されたAndroidスマホ
開発者向けオプションが表示された

Androidスマホの様々な設定を変更することのできる「開発者向けオプション」を有効にして表示させる方法です。

「開発者向けオプション」とは

「開発者向けオプション」とは、Androidアプリの開発者(デベロッパー)のために用意されているAndroidスマホの特別な設定項目のことです。

開発したアプリを実機で試す際などに使う「USBデバッグ」や、画面をタッチしたときの位置が表示される「タップを表示」、タッチしたときの軌跡や座標などの詳しい情報が表示される「ポインタの表示」などの様々な設定が用意されています。

本来はアプリの開発者向けの設定となっていますが、スマホのメモリ使用量や、現在実行中のサービスを確認することもできるので、一般のユーザーにとっても便利です。

しかし、「開発者向けオプション」は通常の設定項目とは異なり、Androidスマホの初期状態では隠されていて、項目自体が非表示になっています。

そのため、利用する際には設定アプリから「開発者向けオプション」を有効にして設定項目を表示させる必要があります。

開発者向けオプションを有効にする方法

Androidスマホの初期状態では非表示になっている「開発者向けオプション」を有効にして、表示させる方法です。

一度表示させれば、2回目以降に開発者向けオプションを使用するとは、オフにしない限り有効な状態が維持されるので、再度有効にする必要はありません。

設定アプリを開く

ホーム画面などから設定アプリを開きます。

設定アプリを開く
設定アプリを開く

システムの設定項目を開く

設定アプリが表示されたら、スクロールして一番下にある歯車のアイコンの「システム」をタップします。

システム設定を開く
システム設定を開く

端末情報を表示させる

システムの設定項目が表示されるので、一番上にある「端末情報」をタップします。

端末情報を表示させる
端末情報を表示させる

ビルド番号をタップして開発者向けオプションを有効にする

端末情報を一番下までスクロールします。

そして、「ビルド番号」を7回連続してタップします。

ビルド番号を複数回タップする
ビルド番号を複数回タップする

連続してタップしていると、「開発者になるまであと3ステップです。」などと表示されます。

開発者向けオプションを有効にしている途中
開発者向けオプションを有効にしている途中

開発者向けオプションが有効になると、「これで開発者になりました!」と表示されます。

つぎは、有効にした開発者向けオプションを実際に表示させてみます。

開発者向けオプションを有効にすることができた
開発者向けオプションを有効にすることができた

ロック解除用のパスワードやPINを入力する

Androidスマホに画面ロックを設定している場合は、設定されているパスワードやPIN(ロックNO.)などを入力する必要があります。

ビルド番号を7回タップすると、「ロックNo.の再入力」と表示されるので、入力してソフトウェアキーボードの確定ボタンをタップします。

指紋認証や顔認証などの生体認証を利用している場合でも、開発者向けオプションを有効にする際は、それらを利用して認証することはできません。

「開発者向けオプション」を表示させる方法

有効にして表示させた「開発者向けオプション」にアクセスする方法です。

システムの設定を開き、「詳細設定」をタップして項目を展開すると、一番下に「開発者向けオプション」が表示されるのでタップします。

システム設定に開発者向けオプションが新たに追加された
システム設定に開発者向けオプションが新たに追加された

このように、「開発者向けオプション」が表示されます。

開発者向けオプションが表示された
開発者向けオプションが表示された

タイトルとURLをコピーしました